千葉県松戸市、中心の松戸地区は、水戸街道の宿場町として栄えてきました。長い間、東京の近郊農村地域でしたが、最近では東京のベッドタウンとして発展していて、千葉県内では人口3位の街となっています。松戸で一番有名なグルメと言えば、大つけ麺博で2連覇を果たした、つけ麺の「とみ田」です。とみ田の行列はもはや名物化していて、遠方から観光客がわざわざ食べにくる為いつでも行列は覚悟しなければなりません。行列が長すぎて、お店が見えないほどになっています。つけ麺の味は、ゲンコツや鳥足などを長時間煮込み、旨みを全て抽出しスてープに溶かしています。
煮干しやサバ節などの魚介系を合わせ、コクとキレ、旨み出した味です。その「とみ田」に対抗しているのが「兎に角」こちらも負けじと日々行列が続いています。昔、宿場町だった松戸市。そうゆう場所はボリュームがあってすぐに食べられるラーメン店が多くありますね。そして、風俗店も多いのが特徴です。松戸市で休む人たちの胃袋と性欲を満たしてきた歴史のある街。もちろん今もその名残が続いており、風俗店やデリヘルが多数存在する、風俗の街といってもよい地域が、松戸市の繁華街となっているんです。
千葉県民なら誰もが知っている、いがみ合い。歴史の街、松戸市民は「柏は最近調子に乗っている」、「柏は東京に憧れすぎて千葉のことを忘れている」と言っています。しかし一方、ぐいぐい急発展して千葉の渋谷と言わていれる柏市民は「駅のレベルからして違う」、「松戸はなんかは最初から眼中にない」、「松戸は風俗店しかないでしょ」と言っています。実は松戸と柏には常磐線の戦いと呼ばれるものがあります。千葉県民を東京へと運ぶ常磐線。戦争状態にある松戸と柏を通って東京へ行きます。通勤ラッシュの時、柏駅で大量の柏市民が乗り込み、いざ敵地の松戸へ発進。
ホームで待ちかまえる松戸市民の前には超満員の電車が到着します。この時、松戸市民は「ゴルァ!もっと詰めろよ!何先乗ってんだよ!」と思います。そんなこと関係ない柏市民は「もういっぱいなんだよ!乗ってくるんじゃねぇ!」と思っています。お互いのプライドをかけた戦争が続いている状態。でも風俗の数では柏を越えていますね。そこはバカにされるところではなく、誇りに思うべきこと。風俗の数と質で勝手みろ!と、松戸市民の男性は心の中で叫んでいるのであります。

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
Search
    Archives